XAMPPでApacheのポートを変える設定 2020/01/01 (水)

XAMPPでApacheのポートを変える設定
HOME Web制作・開発 XAMPPでApacheのポートを変える設定

XAMPPのApacheでポートを変える

XAMPPでは初期値でポート80をを使用しますが、IISなどを入れている場合はポートがバッティングしてしまいます。
この記事はXAMPPでのポートを変更する方法です。

設定方法

下記の例はポート8080とルートディレクトリをCドライブ直下のwwwにする場合です。※予めwwwフォルダは作っておいてください。

  1. C:\xampp\apache\conf\extraの中にあるhttpd-vhosts.confを探し、エディタで開きます。
  2. 下記の個所の下にNameVirtualHost *:8080を追記します。
     # NameVirtualHost *:80
     NameVirtualHost *:8080
    
  3. 一番下にでも下記を追記します。
    rootディレクトリをC:/xampp/htdocs以外にする場合、下記のDirectoryの括りがないと403エラー(Access forbidden!)がでます。
     <VirtualHost *:8080>
     	DocumentRoot "C:/www/"
     	ServerName localhost
     </VirtualHost>
     <Directory "C:/www">
     	AllowOverride All
     	Require all granted
     </Directory>
    
    上書き保存します。
  4. 次にC:/xampp/apache/conf内のhttpd.confを探し、エディタで編集します。
  5. 下記の個所の下にListen 8080を追記します。
     Listen 80
     Listen 8080
    
  6. 下記も追加します。元からある<Directory "C:/xampp/htdocs">から</Directory>をコピーし、C:/xampp/htdocsをC:/wwwに置き換えます。
     <Directory "C:/www">
     略
     </Directory>
    
    上書き保存します。
  7. XAMPPよりApacheを再起動

ブラウザに「localhost:8080」を打ち込むとWebが表示されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加