マッハデザインのサイトへようこそ!
Webテクノロジー、アプリ、スマホ、起業などのメモブログ。

@Html.ActionLinkの使い方。タグ生成機能付き 2019.06.08 SAT

ASP.NETでハイパーリンクを生成するためのヘルパーです。

いっつもコピーして使うので、パラメータなどの例をまとめました。

@Html.ActionLink("リンク名", "ActionName") //同じコントローラの場合
@Html.ActionLink("リンク名", "ActionName", "ControllerName ") //異なるコントローラの場合
@Html.ActionLink("リンク名", "ActionName", "ControllerName ", new { id = Id },null) //ルートやパラメータの指定
@Html.ActionLink("リンク名", "ActionName", "ControllerName ", null, new { @class= "class" }) //htmlのclassは付けたいけどルートやパラメータがない場合
@Html.ActionLink("リンク名", "ActionName", "ControllerName ", new { id = Id }, new { @class= "class" }) //フルセット!

リンクパスのみ返す場合は@Url.Actionを使用します。
classは予約語なので、@でエスケープする必要がある。

@Url.Action

タグの中に書きたい場合はこれです。

<a href="@Url.Action("ActionName", "ControllerName ")">リンク名</a>
<a href="@Url.Action("ActionName", "ControllerName ", new { id = Id })" class="class">リンク名</a>
便利なことにフォームに入力すると、該当箇所が置換されます。




@Html.ActionLink("{{ linkName }}", "{{ actionName }}")
@Html.ActionLink("{{ linkName }}", "{{ actionName }}", "{{ controllerName }}")
@Html.ActionLink("{{ linkName }}", "{{ actionName }}", "{{ controllerName }}", new { id = Id },null)
@Html.ActionLink("{{ linkName }}", "{{ actionName }}", "{{ controllerName }}", null, new { @class= "class" })
@Html.ActionLink("{{ linkName }}", "{{ actionName }}", "{{ controllerName }}", new { id = Id }, new { @class= "class" })
<a href="@Url.Action("{{ actionName }}", "{{ controllerName }}")">{{ linkName }}</a>
<a href="@Url.Action("{{ actionName }}", "{{ controllerName }}", new { id = Id })">{{ linkName }}</a>